生活資金の確保が難しくなった時にはどうすればいいのか?


緊急事態!今すぐにお金が必要な方はどうする?

本当に困った時にお金を借りれる
即日融資の方法は?

即日


母子家庭の方が利用できる援助や制度は?

母子家庭でお金が工面できず困っている時に
使える国の制度を見逃していませんか?

母子家庭


小口の融資で安定するまでの費用を確保

借入額が小口の場合に選択するべき
必要費用の確保方法は?

小口


生活資金を利用する

本当に困った時には公的な低金利
の生活資金貸付制度に申請

貸付制度


不動産担保型で賢く融資を受ける

高齢化社会の現代不動産担保型を
選択する方は増加しています

不動産担保型


国が主導する公的な生活資金とは、どんなもの?

市区町村の公的貸付制度ですので安心して利用できます

日本経済の長引く不況の折、一般市民の生活にも大きな影響を与えています。 今後も失業者、低所得者が急増することが見込まれており、困窮者に対するセーフティーネット対策の一つとして公的機関の「生活資金」制度が設けられています。 低所得者の世帯、障害者や介護を必要とする高齢者世帯を対象に、一時的な安定と経済的自立を目的に当面の間暮らしていくための費用の貸付けを行う国の制度です。 平成21年10月からこの生活資金の見直しが行われ、さらに利用しやすくなりました。 各都道府県の社会福祉協議会が主体となり、低利子や無利子での公的貸付制度であるため、安心してご利用できます。 現状では次のような世帯を対象として効果的な貸付けが行われています。

1.低所得世帯
2.失業者世帯
3.障害者世帯
4.高齢者世帯

さらに、見直し前に10種類あった生活資金の種類を、利用者のニーズに応じて解りやすく統合し柔軟な貸付に改正されました。

最新の睡眠薬

生活資金の種類や目的について詳しく見てみましょう

生活資金の種類は、大きく4つに分かれます。

≪総合支援費≫
①支援費・・・再建までの間に必要な支援
②住宅入居費・・・賃貸住宅契約を結ぶ敷金・礼金等の費用
③一時生活再建費・・・再建のための一時的に必要かつ日常で賄うことが困難な上限がある費用(例:就職・転職など技能習得や債務整理をするために必要なものなど)
≪福祉資金≫
①福祉費
●生業営むために必要な費用
●負傷、病気療養に必要な経費
●住宅の増改築や補修工事に必要な費用およびその期間を維持するための生活資金
●福祉用具等の購入費用
●介護サービスや障害者サービスを受けるための予算およびその期間の生計を維持するための支援
●災害に遭い臨時に必要な場合
②緊急小口費用
緊急かつ一時的に暮らしの維持が困難となった際に貸し付ける小口の生活資金
≪教育支援資金≫
①低所得世帯の子どもが学校へ就学するため
②低所得世帯の子どもが学校へ入学するため
≪不動産担保型≫
①不動産担保型・・・低所得の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として貸し付ける
②要保護世帯向け不動産担保型・・・要保護の高齢者世帯に対し、一定の居住用不動産を担保として貸し付ける

以上、「総合支援」「福祉」「教育支援」「不動産担保型」と4つの種類に統合された生活資金は、さまざまなニーズに応じています。 また、地域によっては「復興支援」という東日本大震災により被災された低所得者世帯に対する復興のための、一時的な貸付けも行っています。

生活資金の申し込みや相談窓口はどこにありますか?

社会福祉協議会、民生委員へ

生活資金の利用目的に応じて、借入れ可能な種類や限度額が異なります。 利子は無利子から3%など、銀行や民間の金融機関と比べると非常に低利息となっており、低所得世帯の家計の負担を抑えるように考えられています。 詳細についてはお住まいの市区町村の「社会福祉協議会」または「民生委員」に相談してください。 状況によっては別の公的福祉制度を進められることがあるかもしれません。 近年、生活保護やこういった国の制度に対して冷たい目も不正受給をする人がいる影響で強くなってきました。 新聞やニュースなどでも本来条件には当てはまらない、生活資金には困っていない方が偽りの申請をして国からお金を貰っているというケースが全国で取り上げられています。 受給資格がある方がこのような不正を行う人のせいで肩身が狭い思いをしている現状があります。 有益なポイントとしては今後も条件や上限の審査はどんどん窮屈で厳しくなっていくことが明らかに明確にあらゆるメディアでもイメージでき予想されています。

生活資金を確保することは何よりも最優先しましょう

子どもや家族が安心して暮らしていく事ができる環境を優先すること

日本は政権と同様に経済もずっと不安定な状態が続き、残念ながら自殺者の数も増加している傾向にあります。 今後も消費税のアップやTPP加入などで国民の暮らしはどうなるかわからない状態です。 それに加えて東日本大震災のような大規模な自然災害が起こらないという保証はありません。 失業者の数も右肩上がりになり、給料が減額されたり大幅なボーナスカットされてしまうこともあるでしょう。 それでも本当にお金に困った時は最低限の暮らしを確保できる国の制度があります。 保護や公的な生活資金の支援を申し込むことはけして恥ずかしい事ではありません。 子どもや家族を守るためにこの制度を利用する選択ができるという事は勇気のあることですし、そこから持ち直してまた歩いていけばいいのです。 不景気や経済状況が悪い流れになってしまうと自殺者の数は反比例し右肩上がりになります。 残念ながら日本は世界トップクラスの数字を残しています。 生活資金を上限まで確保して安定した普通の文化的な暮らしを送ることが何よりも難しい世の中ですが、諦めてしまう事や死んだらすべて終わるという考え方は辞めましょう。 残される妻や子供、家族や恋人、友人や会社の仲間や同僚などがいることを絶対に忘れてはいけません。

このページの先頭へ